閲覧

ページ

2019年4月27日土曜日

4/27、新潟、東京、

とうとう、平成最後の週となりました。
天皇賞は大きなレースでもあるので、金曜日発売がある。
金曜日のオッズはあてにはならないが、金曜の最終確定オッズと土曜朝のオッズを見比べると随分違う。
1番人気すら入れ替わっている。
大抵、外人騎手が接触した出馬表になったら、どちらかの外人騎手が来る確率が大きいが今回は2番と10番。
外人騎手が高確率でくると言う所からも軸にしてもよいのか判断に悩む。
1番人気のルメールにしても、土曜朝の時点で飛び抜けて人気しているわけでもない。
上位馬の人気が散っている。
少波乱の決着なのか、上位馬での決着になるのか現時点では不明。
当日、レース直前のオッズがどうなるのか。その時点までわかりません。
また、今週変則開催の3日施行。今日、土曜日に京都開催が無いのも難解の理由の一つ。
そして、平成最後の天皇賞春、外人騎手に勝たせるのかも注目。
個人的には日本人騎手であってほしい。
本日、前日の確定オッズから、軸枠でも分かれば良いのですが。
1枠の坂井も2枠3番の蛯名も人気が無くなってしまいましたが。
【追記】
先日書いた、3番リッジマンが鍵を握っているかも知れないと書いたのは、唯一、JRAへ転入してきた馬。(地)馬です。
このリッジマンの前走は阪神大賞典。本人は6着に敗れていますが、このレースの勝ち馬はシャケトラ。
10番シャケトラで騎手は戸崎。ここから10番か戸崎に注目しています。



0 件のコメント:

コメントを投稿